世界バレー男子大会を10倍楽しむ記事特集!

いよいよ開幕する世界バレー男子大会。

開幕前に読んでおくとさらに世界バレーを楽しめそうな記事を集めてみました。知っておくと見方が変わるかもしれませんね。

特に日本が対戦するカタール・ブラジル・キューバの記事については、これまでに対戦相手国をここまで詳細に調べた記事あったっけ?って感心しましたよ。

じっくり読んで開幕に備えましょう!

※またいい記事が見つかれば追記していきます

日本代表編

男子バレー世界選手権開幕。「ベスト8、ベスト4を目指す」日本代表が4年で進化を遂げた理由(田中夕子) - 個人 - Yahoo!ニュース
前回イタリアで開催された世界選手権はグループリーグ敗退。だが今、日本代表が世界選手権で目指すのはベスト8。何が日本代表を変えたのか。4年の時を経て進化、変化した日本代表の軌跡をたどる。

石川祐希

【バレー】男子代表・石川祐希主将「自分たちの強さを証明できる大会にするために、自信と覚悟を持って臨みたい」会見コメント(全文)(バレーボールマガジン) - Yahoo!ニュース
8月9日に行われたバレーボール男子日本代表の世界選手権(8月26日開幕)に向けたリモート記者会見の中から石川祐希主将のコメントをお届けする。

髙橋藍

バレー代表・高橋藍(20歳)が実感する“世界のトップに近づいている”という確信…世界選手権は「結果を残して帰ってきます」(高橋藍)
約1カ月半に及んで行われたネーションズリーグが終わり、間もなく世界選手権が始まります。ついこの間、クラブシーズンを終えてイタリアから帰国したばかりだったのに、世界選手権が終われば今年度の代表チームの活動は終了。あっという間です。代表でも海外遠
http://dlvr.it/SXFBLS

西田有志

バレーボール日本代表・西田有志 驚異のジャンプサーブがさらに進化した理由
バレーボール男子の世界選手権が8月26日からポーランドとスロベニアで始まる。キャプテンの石川祐希が左足首ケガで不安が残る中、期待されるのが西田有志。進化したジャンプサーブで世界を相手に大暴れするか注目だ。
【男子バレー】強豪イタリア代表が龍神NIPPONを高く評価! 西田有志への警戒心も明かす「動き出しで遅れたら困難を強いられる」
 8月26日開幕のバレーボール世界選手権でさらなる飛躍が期待される男子日本代表。29年ぶりに8強入りを果たした昨年の東京五輪から着々と...

関田誠大

https://real-sports.jp/page/articles/692571566428390337

山内晶大

男子代表・山内晶大「VNLの収穫はBパスからでもコンビが通用するようになったこと。国際大会で経験を積んでもっと自信をつけたい」会見コメント(全文)
8月9日に行われたバレーボール男子日本代表の世界選手権(8月26日開幕)に向けたリモート記者会見の中か...

山本智大

世界バレー開幕!全日本の守護神・山本智大は「チームを引っ張る存在になりたい」(市川忍) - 個人 - Yahoo!ニュース
8月26日に開幕するバレーボール男子世界選手権。東京五輪7位、ネーションズリーグ5位と躍進を続ける全日本は今夜、初戦のカタール戦を迎える。日本の守護神・山本智大のプレーに注目してほしい。

フィリップ・ブラン監督

【バレー】男子代表 フィリップ・ブラン監督「最重要目標は1次ラウンドを勝ち抜き、決勝トーナメントに進出すること」会見コメント(全文)(バレーボールマガジン) - Yahoo!ニュース
8月9日に行われたバレーボール男子日本代表の世界選手権に向けてのリモート記者会見からフィリップ・ブラン監督のコメントをお届けする。

中垣内祐一前監督

【バレー】世界選手権は今シーズンの「本番」 中垣内祐一前監督インタビュー(月刊バレーボール) - Yahoo!ニュース
ネーションズリーグでは初のファイナルラウンドに進出し、5位と好調を示した男子日本代表。8月26日(金)から始まる世界選手権を前に、昨年までチームを率いた中垣内祐一前監督に、今季の印象とこれからへの期

アナリスト 伊藤健士

男子バレー・石川祐希が信頼する分析のプロ「自分を安売りしない」 | 毎日新聞
 バレーボール男子日本代表で今季から参謀役を務めるコーチは異色の経歴を持つ。中学、高校では目立った実績はないが、石川祐希主将(26)=ミラノ=らの信頼は厚い。 筑波大バレー部での転機

日本代表監督の歩み

[植田監督編]

「植田さん、日本のバレーは30年遅れています」“涙の謝罪”から10年、サラリーマンを経験した元代表監督・植田辰哉が“塾”を開講したワケ(田中夕子)
東京五輪で29年ぶりの8強入りを果たした男子バレーボール代表。現在開催中のネーションズリーグでも好調を維持しており、2024年パリ五輪でのメダル獲得に向けて着実に強化を進めている。今稿では、現監督フィリップ・ブランにバトンを渡した3名の歴代監

[南部監督編]

慶応大・柳田将洋、中央大・石川祐希…あの“NEXT4”はなぜ誕生した?「当時は男子バレーが話題にならなかった」逆風の時代に仕掛けた“人気戦略”(田中夕子)
東京五輪で29年ぶりの8強入りを果たした男子バレーボール代表。現在開催中のネーションズリーグでも好調を維持しており、2024年パリ五輪でのメダル獲得に向けて着実に強化を進めている。今稿では、現監督フィリップ・ブランにバトンを渡した3名の歴代監

[中垣内監督編]

「本当に中垣内が必要なのか」中垣内祐一はなぜ批判されても“外国人コーチ”に実権を握らせたのか? 東京五輪8強の真相「話すのはこれが最後」(田中夕子)
東京五輪で29年ぶりの8強入りを果たした男子バレーボール代表。現在開催中のネーションズリーグでも好調を維持しており、2024年パリ五輪でのメダル獲得に向けて着実に強化を進めている。今稿では、現監督フィリップ・ブランにバトンを渡した3名の歴代監

海外チーム編

カタール・ブラジル・キューバ

【バレー】男子バレー世界選手権、開幕までわずか。日本の予選リーグの対戦相手は。(バレーボールマガジン) - Yahoo!ニュース
 男子バレーボール世界選手権前のイタリアでの最終合宿で、イタリア、アメリカ、日本の親善試合が行われた。日本の結果は、アメリカ2-2日本(4セットマッチ)、イタリア3-1日本だった。  8月26日にい

ブラジル

【バレー】「もうキューバ代表に選ばれないとわかっていたけれど…」ブラジル男子のレアルが明かす帰化の理由、母国と戦う世界選手権初戦への思い(月刊バレーボール) - Yahoo!ニュース
 バレーボールの2022年男子世界選手権が現地8月26日からポーランドとスロベニアで開幕する。男子日本代表がベスト8以上の成績を目指すこの大会。その開幕戦は、リュブリャナ(スロベニア)で行われる日本

TAWAGOTOをサポートする

コメント

タイトルとURLをコピーしました